【化学】

【2021年度版】化学系商社ランキング

とりけら@コスパ追求型就職で周囲にドヤりませんか?

偏差値50の地方大学から旧帝大へ大学院ロンダして大手企業へ就職。就職面接通過率90%、転職の内定率80%、コスパのいい就職先・就職方法で周囲にドヤ顔を見せつけませんか?

こんにちわ!!とりけらです。

今日は化学系商社について話していきます。

 

商社とは原料メーカーとユーザーの中間役を担う存在です。

商社の役割は幅広く、化学メーカーの商社は顧客が化学メーカーとなります。

 

そのため化学の基礎知識が必要な分野です!

相手は開発や研究者が大半ですからね。

 

今日は化学系商社をランキング付けしました。

このランキングは売上高や年収を元にランキングづけしています。

 

売上高は有価証券報告書、決算短信、会社のHPを参照しています。

(2020.9.20情報)

 

この記事を読めば

チェックリスト

  • 売上高の高い化学系商社がわかる
  • 化学系商社の働き方がわかる
  • 就職先の選定の参考になる

それでは説明していきます。

 

化学系商社の仕事とは?

化学系商社の仕事とは?

 

化学系商社は化学メーカーの開発職、研究職と面談を行い、開発品に必要な製品に最適な材料を提案する仕事です。

基本的な業務は他者の開発や研究職と面談する仕事がメインです。

 

面談は商社にもよりますが、営業職でも化学的知識が深い人が多いです。

 

化学系商社は化学メーカーとは切ってもきれない関係にあります。

材料を試したい時、面倒な仕様を決める時など中間に入ってサポートしてくれる役割を担います。

 

複数の異なる材料を扱ってる商社もあるため、一度に色んな材料の知識を得られることも。

化学者目線で言えば一度の面談で非常に有意義な時間を作ることができますよ!

 

化学系商社ランキング

化学系商社ランキング

 

2020.9.20最新情報(有価証券報告書、決算短信、会社のHPを参照)

化学系商社ランキング【2021年度版】

 

-【化学】
-

© 2020 就職・転職情報発信サイト!