【転職】

化学系での転職は難しいのか?転職のために意識しなければいけないこととは?

とりけら@コスパ追求型就職で周囲にドヤりませんか?

偏差値50の地方大学から旧帝大へ大学院ロンダして大手企業へ就職。就職面接通過率90%、転職の内定率80%、コスパのいい就職先・就職方法で周囲にドヤ顔を見せつけませんか?

転職

この記事の根拠

筆者:化学系企業間で転職経験あり
また知人も5人ほど化学系に転職した経験を元に本記事をさくせいします。

化学系の転職は難しくない

結論からいいますと、化学系の転職は実際そんなに難しくありません。理由は近年高齢化が化学メーカーでも進んでおり、頭を動かしながら働ける人材確保が必要となっているためです。

さらに近年、働き方改革が進んでいることから全ての資金の効率化が必要となっています。新人から育てるより、転職者のほうが実績で判断できるので判断ミスも少なく優秀な字な人材を選べて、コスパもいいからです。

以上の理由で第2新卒や中堅にはチャンスが広がっています。

第2新卒で見られること

・面接時の論理的思考(会話の時に話に筋が通るっているか)
・経験した業務に対して自分なりの工夫

第2新卒では社会人経験も少ない人材であることから、伸びしろを重視します。論理的思考があれば業務の学習も効率よく学習できるためです。

中堅での転職で求められること

・過去の実績(TOEIC,特許、売上)
・製品開発の知見と転職先での活かし方
・顧客との折衝経験
・論理的思考

中堅30才前後の転職者は企業では基本的な仕事の流れを把握し、一人で動ける自立した人材と認識されます。そのため、自立の指標として、実績や知見の活かし方、顧客との折衝経験を論理的思考に加えて求められます。

具体的な転職を考えていない方でも、上記のことは意識おくことに越したことはありません。このご時世でいつまで働けるのか不明な状況です。1人でいきていけるスキルや実績は必須の時代となっています。

新規分野への転職

転職は可能だが専門性が異なる分野へは厳しい

一方で転職は可能ですが、転職先は限られてきます。化学系の開発者や研究職は専門性が高く、化学の中でも似通った分野での異動が大半を締めます。実際に私も含めて知り合い全て知見を活かすことができる仕事へ転職しました。

成長

化学系で転職する際に意識しなければないらいこと

・資格を取得しておく
・売上、特許など実績を作っておく
・社内で複数の製品に携わり知見を広めておく
・他社と比較し自分の強みを分析しておく

・色んな社内の人と話しコミュニケーションをとる

自己成長をがんばりましょう!という話です。他社と比べて何が私の強みなのか、
実績はあるのか意識して行動しましょう。

■おすすめの自己分析

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 〈ストレングス・ファインダー2.0〉 ストレングス・ファインダー2.0 [ トム・ラス ]

価格:1,980円
(2020/4/18 14:20時点)
感想(29件)

加えて転職は自分の価値が一度0になる状況となります。信頼関係の構築や慣れない環境を経験することは非常に大事です。そのため社内でも複数の部署や製品の経験に携わることに努めましょう。そうすると自分が転職に不向きもかも知ることができます。

結論

・化学系での転職は難しくない
・ただし実績がないとだめ
・転職は現職の知見を活かせる範囲内以外では少しk日詩歌もしれない
・普段から実績を意識した生活を心がけよう
・社内で複数の製品に携わり知識の幅を広げよう

-【転職】
-,

© 2020 就職・転職情報発信サイト!